病院について

トップ > 病院について > 院長あいさつ

院長あいさつ

市立甲府病院 院長

院長あいさつ

当院は、1932年(昭和7年)甲府市元紺屋町に開院されました。
その後、甲府空襲の被害のため1950年(昭和25年)に太田町に50床の病院として新築され、1964年(昭和39年)に幸町に移転し、1999年(平成11年)に現在の増坪町へ移転しました。
現在は、一般病床402床(NICU6床)、感染病棟6床を擁し、地域の医療機関と連携しながら、地域の中核病院・自治体病院として、急性期医療を中心に地域の皆様の健康を支えています。

わが国は少子化に伴う若年層の減少と超高齢化社会が進行しており、大きな変革期にありますが、国は医療施策として「地域包括ケアシステムの構築と医療・介護の連携強化」「医療機能の分化・連携の推進、効率的な医療提供体制の構築」を進めています。
当院は2015年(平成27年)に「総合相談センター」を開設し、その中に「総合相談室」「看護支援室」「地域連携室」を設置することで、地域と病院との連携を図っています。
さらに、2016年(平成28年)には「地域包括ケア病棟」を開設し、病状が改善したあとに在宅復帰に向けた診療・看護・リハビリを行うことで、退院後の不安や軽減に努めています。
当院では、このように急性期医療・専門医療を行いながら、医療、介護、福祉などの多職種の方々と連携し、地域で安心して暮らせる医療体制の構築を進めています。

人口動態や疾病構造の変化により医療需要も変わりますが、どの時代であっても「安心で安全な医療、やさしい医療」が求められています。
当院の基本理念は「いのちに光を、心にやすらぎを」であり、命の大切さを重んじ、患者さんとの相互信頼の上に立った医療を目指しています。
この理念をもとに、地域の中核病院・自治体病院として「安心で安全な医療、やさしい医療」の提供に、職員一丸となって取り組んでまいりますので、よろしくお願いします。

 

市立甲府病院長 青山 香喜



▲ページのトップへ