病院について

トップ > 病院について > 市立甲府病院の経営改革について(提言)

市立甲府病院の経営改革について(提言)

市長から経営改革について市立甲府病院経営協議会へ報告しました(H25年12月)

 市立甲府病院経営協議会からの提言の中で、目指すべき経営形態は、地方独立行政法人が最適であるとされたことから、平成22年4月に、甲府市は市立甲府病院経営形態検討委員会を設置し、当院の経営状況を踏まえる中で、民間的経営手法の活用など、様々な検討を行ってきました。
 その結果、これまでの経営改革の状況や、市立甲府病院の使命、経営形態の移行に伴う影響などを総合的に勘案し、市立甲府病院の経営形態は、現時点では、現行の地方公営企業法の一部適用を継続していくこととしました。
 今後も、経営改革を進める中で、安定的で持続性のある経営基盤の確立が実現できるよう、引き続き「経営協議会」からの指導・助言をいただきながら、更なる経営改革を進めていきます。
 市立甲府病院経営形態検討委員会の検討は、次のPDFファイルをご覧ください。 

市立甲府病院の経営改革に関する取りまとめについてPDFファイル(910KB)

 

市立甲府病院経営協議会から提言が市長に提出されました(H21年12月)

 平成21年12月15日、市立甲府病院経営協議会 会長 今井 久氏より、宮島市長に「市立甲府病院の経営改革について」の提言書が手渡されました。
 市立甲府病院経営協議会の委員には、医療分野をはじめ、市民、経営などの各分野から委嘱された委員が、それぞれの専門の視点から多角的に検討していただき、今後の市立病院のあり方について検討し提言にまとめていただきました。
 提言をまとめるにあたっては、病院関係者から資料の提供、聴き取り、意見交換、院内視察などを実施し、数次にわたり議論や協議を重ね、現場の状況を把握した上で、次の提言がまとめられ提出されました。
 提言書の全文は、次のPDFファイルをご覧ください。

市立甲府病院の経営改革について(提言)PDFファイル(1181KB)

 

市立甲府病院経営協議会 委員名簿
 

任期:平成30年2月26日から平成32年2月25日
(敬称略)

区分 氏  名 役職等 備考
学識経験者 今井 久 山梨学院大学
現代ビジネス学部
教授
会長
医療関係機関関係者 植松 俊彦 甲府市薬剤師会
会長
企業経営者 小田切 繁 甲府信用金庫
常務理事
医療関係機関関係者 小松 史俊 一般社団法人 甲府市医師会
会長
副会長
市民代表 佐藤 一男 甲府市自治会連合会
会長
病院経営者 佐藤 弥 山梨大学大学院総合研究部 教授
山梨大学医学部附属病院 副病院長
学識経験者 古屋 俊一郎 山梨監査法人
代表社員
医療関係機関関係者 古屋 好美 山梨県中北保健福祉事務所
副所長
(中北保健所 所長)
企業経営者 簗田 裕彦 山梨中央銀行
取締役本店営業部長

お問い合わせ先

市立甲府病院事務局
 経営企画課情報経営係
電話:055-224-1111(代表)

▲ページのトップへ