病院について

トップ > 病院について > 個人情報の取扱いについて

個人情報の取扱いについて

個人情報取扱いについて

 市立甲府病院は1932年(昭和7年)に開院以来、今日まで、基本理念である「いのちに光を、心にやすらぎを」のもと「いのち」の大切さを重んじ、患者さんとの相互信頼の上に立ち、患者さんの人権を尊重し、患者さん中心の医療を提供してまいりました。
 個人情報保護法の全面施行に伴い、当院では、「私たちは、患者さんの人格を尊重し、人権を守ります。」と題し以下の項目を掲げました。
 これまでも甲府市個人情報保護条例、関連法令に基づき個人情報の取扱いを執り行ってきております。

  • 患者さんは、平等で適切な医療を受けることができます。
  • 患者さんは、検査、治療、病状について知ることができます。
  • 患者さんは、医師の充分な説明を受け、治療内容を自分の意志で決めることができます。
  • 患者さんは、治療費の内容について聞くことができます。
  • 患者さんは、医療制度、医療福祉などについて相談することができます。
  • 患者さんのプライバシーは、尊重され保護されます。
  • 患者さんは、病院のサービス改善を要求することができます。

 今日の医療機関は、医学の進歩や医療技術の高度化に加えて、IT化の進展に伴い情報に対する取扱いや個人のプライバシーの尊重が重要になってまいりました。
 このような状況の中、当院は、患者さんが安心して診療を受けることができ、そして、より良い医療を提供するため、以下のことを実践しております。

  • 個人情報の「収集」「利用」「提供」において、法令に従い適切な運用を行う。
  • 当院の情報セキュリティポリシーを基本に、その時点で考える最高のセキュリティ対策を講じる。
  • 個人情報に関する法令、内部規定を遵守する。


 

市立甲府病院 院長

▲ページのトップへ