入院・お見舞いのご案内

トップ > 入院・お見舞いのご案内 > 地域包括ケア病棟について

地域包括ケア病棟について

 当院では、在宅復帰に向けた医療や支援を行うため、「地域包括ケア病棟」を開設しています。

地域包括ケア病棟とは

「地域包括ケア病棟」とは、急性期を経過し、病状が安定した患者さんに対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う病棟です。

入室の対象となる方

① 入院治療により状態は改善したが、もう少し経過観察が必要な方
② 在宅での生活に向けて調整、準備が必要な方
③ 入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方等が対象となります。

 一般病棟から「地域包括ケア病棟」へ転棟していただく場合は、主治医が判断し、患者さんとご家族に提案させていただきます。
ご了解いただけた場合、「地域包括ケア病棟」へ移動し、継続入院となります。
 入院期間は、状態に応じ主治医の判断で決定しますが、60日間を限度としております。
 


 在宅復帰をスムーズに行うため、医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーなどが協力し、在宅復帰支援を行っていきます。


入院費用について

 地域包括ケア病棟に入室された場合、入院費の計算方法が、他の一般(急性期)病床とは異なり、「地域包括ケア病棟入院料」を算定いたします。
 この入院料は定額で、入院基本料、投薬料、注射料、簡単な処置料、検査料、画像診断料、リハビリテーション料(摂食機能療法を除く)等の費用が含まれています。
 ※食事代、個室料金等は、別途料金がかかります。

入室に関する留意点

 一般的な血液検査、レントゲン検査、投薬治療は可能ですが、他の一般(急性期)病棟で行うような、高額な医薬品の投与や特殊な検査、手術等には対応できません。
 病状の変化により、主治医が集中的な治療が必要と判断した場合は、他の一般(急性期)病棟に転棟する場合があります。

お問い合わせ先

詳しくは、病棟看護師またはクラーク(事務員)にお問い合せください。

▲ページのトップへ