診療科・部門

トップ > 診療科・部門 > 診療科のご紹介 > 皮膚科

皮膚科

診療スタッフ

市川 健 (いちかわ たけし)科部長 公益社団法人日本皮膚科学会 専門医

▲ページのトップへ

皮膚科の紹介

皮膚疾患のすべてを幅広く診療し、再来患者の予約制を導入して待ち時間の短縮に努めています。

アトピー性皮膚炎については年齢、重症度などを考慮し、スキンケアなど外用療法を中心とした治療と指導を心がけており、難治例では指導の意味も含め、入院治療を行うこともあります。レーザー治療の適応となる色素性病変は形成外科に紹介しています。尋常性疣贅や、脂漏性角化症などには液体窒素による凍結療法。乾癬には内服、ビタミンD軟膏やステロイド軟膏の外用療法のほかPUVA療法の併用も行っています。帯状疱疹には抗ウイルス剤の外用、内服を行い、重症例では入院加療。薬疹症例では薬剤過敏症カードを発行して、各種試験の結果を記載し、再発防止に役立てています。脱毛症の治療ではステロイド剤、血行促進剤の外用、液体窒素療法、また難治例では局所免疫療法も行っています。

医療設備:紫外線照射装置、ダーモスコピー、スーパーライザー

▲ページのトップへ

外来診療

月曜から金曜の午前。午後は入院患者処置や手術。
外来手術は特に手術日は設けず空き時間を利用して行っています。

▲ページのトップへ