診療科・部門

トップ > 診療科・部門 > 診療科のご紹介 > 泌尿器科

泌尿器科

診療スタッフ

田邉 信明(たなべ のぶあき)副院長 (社)日本泌尿器科学会 専門医・指導医
(社)日本腎臓学会 専門医・指導医
(社)日本透析医学会 専門医・指導医
小室 三津夫(こむろ みつお)統括科部長 (社)日本泌尿器科学会 専門医・指導医
(社)日本透析医学会 専門医・指導医
犬塚 秀康(いぬづか ひでやす)科長 (社)日本泌尿器科学会 専門医・指導医
相川 純輝(あいかわ じゅんき)医師

▲ページのトップへ

泌尿器科の紹介

日本泌尿器科学会・専門医教育施設の認定あり(認定番号:87004634号)

▲ページのトップへ

特色

 現在4 人のスタッフ(全て泌尿器科専門医)で、尿路(腎・尿管・膀胱・尿道・前立腺)、男子性器(陰茎・陰嚢・精巣)および後腹膜臓器(副腎)の各疾患に対応しています。
 この中で特に、癌治療、結石治療が主体となっています。
 癌治療におきましては、近年増加傾向の前立腺癌を中心に、膀胱癌、腎癌、腎盂尿管癌などの手術治療を行っています。手術では、山梨大学泌尿器科との人事交流により、腹腔鏡手術、小切開創手術にも取り組んでいます。また、当院放射線科の協力により、癌放射線治療も行っています。さらに、化学療法、分子標的薬治療も取り入れ、集学的治療にも取り組んでいます。
 結石治療では、体外衝撃波結石破砕が主体です。ただし、サンゴ状結石のような大きな結石に対しては、内視鏡的治療(経皮的破砕、経尿道的破砕)も併用しています。また、上部尿路結石に対する、軟性尿管鏡・レーザーを使用した破砕にも取り組んでいます。これらを駆使し、現在、甲府市だけでなく、国中地方全体の結石患者さんの治療にあたっています。
 また、透析専門医もおり、透析室の診療、内シャント手術、バスキュラーアクセスインターベンション治療も行っております。

 

▲ページのトップへ