診療科・部門

トップ > 診療科・部門 > 診療科のご紹介 > 放射線治療科

放射線治療科

診療スタッフ

放射線治療科では、放射線治療専門医が日々の診療にあたっています。

前畠 良康(まえはた よしやす)科長 (社)日本医学放射線学会認定 放射線治療専門医
(社)日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医


また放射線治療室では、放射線治療を専門とする経験豊富な診療放射線技師、さらに県内唯一の放射線治療専門看護師らが一致団結して毎日の放射線治療に取り組んでいます。

▲ページのトップへ

放射線治療科の紹介

放射線治療科の紹介
 
放射線治療科では、あらゆる悪性腫瘍(がん)を対象に治療を行っています。根治をめざす放射線治療だけでなく、症状を和らげることや進行を抑えることを主な目的とした放射線治療(緩和照射)にも積極的に取り組んでいます。
 さらに高精度放射線治療とりわけ体幹部定位放射線治療にも積極的に取り組んでいます。
定位放射線治療とは、標的病巣に対して3次元的に多方向からピンポイント照射を行うことにより、病巣には高線量を照射して高い局所効果を狙う一方で、周囲の正常組織への線量を少なくして有害事象を抑える治療法です。
放射線治療科の診察は、完全予約制となっていますので、ご紹介くださる際は、地域医療支援室(病診連携システム)を通じて受診予約をお願いします。
 また、放射線治療の適応・方針の決定判断におきましては、臨床経過だけでなく、病理検査報告書、直近の臨床画像(CT、MRI など)、さらに手術後であれば手術前の臨床画像が必要です。紹介状と併せて必ずご用意ください。 なお臨床画像は、フィルムではなくCD、DVD などの電子媒体でご用意願います。

疾患別症例数

放射線治療は、直線加速器で作り出した高エネルギーの放射線(エックス線、電子線)を、体の外側から照射して標的病巣を攻撃する治療です。
当院の放射線治療システムでは、放射線治療器と寝台を共有して向かい合うように配置された放射線治療専用CTによって、標的病巣の位置をきわめて正確に同定して放射線を照射する、高精度放射線治療が可能となっています。
 

リニアック

体幹部定位放射線治療とは、標的病巣に対して3次元的に多方向からピンポイント照射を行うことにより、病巣には高線量を照射する一方で周囲の正常組織への照射を最小限に抑える治療法です。
外科手術と比べて体へのダメージが格段に少ない一方で、例えば一部の早期肺がんなどでは外科手術に匹敵する高い治療効果を発揮します。さらに治療期間はおよそ1週間と通常の放射線治療と比べてはるかに短いことも大きな特徴のひとつです。なお治療に係る費用は健康保険が適応されます。
当院では、高精度放射線治療の中でも、とりわけこの体幹部定位放射線治療に積極的に取り組んでいます。
 

体幹部定位放射線治療症例数


▲ページのトップへ

外来診療

  1. 放射線治療科の診察は、完全予約制です。
  2. 受診を希望される方は、医療機関を通じて事前の予約をお願いします。
     

  1. 患者さまをご紹介頂く際は、地域医療連携室(病診連携システム)を通じて受診予約をお願いします。
  2. 放射線治療の適応判断におきましては、臨床経過だけでなく、病理検査報告書、直近の臨床画像(CT、MRIなど)、さらに手術後であれば手術前の臨床画像が必要です。紹介状と合わせて必ずご用意ください。
  3. なお臨床画像は、できるだけCD、DVDなどの電子媒体でご用意願います。

▲ページのトップへ