診療科・部門

トップ > 診療科・部門 > 診療科のご紹介 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介

 リハビリテーション科は現在、医師4名、理学療法士10名、作業療法士4名、言語聴覚士1 名の体制をとっています。
 整形外科的疾患、脳神経外科疾患手術後、脳卒中などの中枢神経疾患、神経内科的疾患などの急性期リハビリテーションを実施しています。 急性期リハビリテーションが多いことが特徴で、患者様を中心として、家族、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーが一体となって円滑な社会復帰を目指しています。
 大きな窓から多くの光が差し込む開放的な広い屋内訓練室と、坂道や階段、砂利道や芝生がある広々とした屋外歩行訓練施設を有し、のびのびとした気持ちでリハビリテーションを行っていただけるように努めています。

主な施設

スポーツリハビリテーション機器(ウェイトトレーニングマシン・エアロバイク・ルームランナー・ストレッチポール・バランスボール)、多用途筋機能評価運動装置(バイオデックス)、歩行浴槽、赤外線レーザー照射装置、多機能電気刺激装置、昇降式ADLキッチン、表面筋電計バイオフィードバック装置、屋外歩行訓練施設(リハビリ庭園):一周約100m、200坪、3種類の階段、3段階のスロープ、砂利道、東屋

平成29年11月にリハビリ庭園の改修を行いました。

外来診療

院内各科より依頼のあった患者さんのみです。
再来診療は、原則的に予約制です。

実績

 

平成29年度実績(延件数) 入院 外来
運動器リハビリテーション 16,926件 4,729件
脳血管リハビリテーション 6,887件 152件
がんリハビリテーション 666件
廃用症候群リハビリテーション 1,785件
呼吸器リハビリテーション 192件 3件

▲ページのトップへ