診療科・部門

トップ > 診療科・部門 > 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアとは

緩和ケアとは、身体のつらさ、気持ちのつらさ、生活上のつらさを抱えた患者さんとご家族を総合的に支えていく医療のことを言います。
緩和ケアはそのつらさに目を向けて行われます。つらさを感じた時からいつでも受けること出来ます。

緩和ケアチームとは

緩和ケアチームでは、専門の医師や看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカーが中心となり、痛みへの専門的な対処や気持ちのつらさを和らげる治療やケアを行っています。
入院中は定期的にチームスタッフが病室へ訪問し、また、通院中は緩和ケア内科外来で治療やケアを続けていきます。病棟が移動したり、これまでの主治医やスタッフとの関係が変わることはありません。現在の治療や生活が上手くいくようにお手伝いをさせていただく医療チームです。

【対象者】
当院へ入院中の方で、がんやその他、難治・不治の病を持たれている方、またそのご家族となります。

【緩和ケアチームへの依頼方法】
  • 当院へ入院治療中で緩和ケアチームによるサポートをご希望される方は、主治医または担当看護師、もしくは、総合相談センター総合相談室 医療福祉係にご相談下さい。
     
  • 外来通院中で緩和ケアチームによるサポートを希望される方は、入院治療中の方と同じように、主治医または担当看護師、もしくは、総合相談センター総合相談室 医療福祉係にご相談下さい。緩和ケア内科外来のご紹介をさせて頂きます。

※総合相談センター総合相談室 医療福祉係は、エントランスホール奥です。


【緩和ケアチームの活動内容】
疾患による痛みや倦怠感などの身体症状の緩和や、不眠・不安・気持ちのつらさなどの精神症状の緩和に加え、「これまでの人生の意義に対する疑問」「これからの時間の過ごし方」などに対する相談も実施しています。また、在宅サポートの相談や、院外ホスピス病棟への転院などもお手伝いさせて頂きます。

【具体的な相談内容と対処方法】
  • 痛みがあって薬を飲むが、眠くなり過ぎてつらい→主科と相談の上、現在使用されている薬をより眠気の起こしにくいものへ調整させて頂き、また、痛みの性質に合わせ必要な薬剤の追加処方をさせて頂きます。
     
  • 夜になると痛みが強くなり眠れない、不安になる
    →痛みの性質や時間帯、部位などを確認させて頂き、夜間内服している痛み止めの増量と夜間その症状にあった内服薬を処方させて頂きます。
     
  • 起き上がるだけでも苦しくてしょうがない
    →動く前後に息苦しさが緩和されるよう輸液ポンプを使用し、自分自身で息苦しさのコントロールができるように一緒に調整させて頂きます。
     
  • とにかく身体がだるい
    →倦怠感を和らげるための薬の調整と一日の生活の活動と休息のバランスについて一緒に考えさせて頂き、心地よいと感じるケア方法の提案をさせて頂きます。
     
  • 最期は緩和ケア病棟で過ごしたいと考えているけどどうすればいいのかわからない
    →主治医の見通しを確認させて頂きながら、ご本人の希望にあった過ごし方に添うことができるよう当院の医療相談室と一緒に対応をさせて頂きます。
     
  • (家族)最期は家で過ごしたいと思うけど、どうしたらいいのかわからない
    →まずは身体の症状コントロールをさせて頂き、ご家族が安心して療養生活を送ることができるよう、当院の医療相談室や地域にある訪問在宅チームと連携を図りながら対応させて頂きます。

 

緩和ケアチームの活動状況(平成25年度の実績)

緩和ケアチームの活動をお伝えするため、平成25年度の依頼件数140件について依頼内容の詳細を以下に示します。


・まず依頼があった患者さんのがんの種類についてお示しします。

疾患の種類 件数
胃がん、大腸がんなど消化器がん患者 78件
肺がん患者 24件
乳がん患者 17件
膀胱がん、前立腺がんなど泌尿器がん患者 10件
その他(非がん患者、婦人科など) 11件


・次に依頼科についてお示しします。

依頼科 件数
外科(消化器) 33件
消化器内科 45件
外科(呼吸器) 14件
呼吸器内科 10件
外科(乳腺科) 17件
泌尿器科 10件
その他 11件


・依頼時期についてお示しします。

依頼時期 件数
診断から初期治療前 8件
がん治療期 65件
積極的がん治療終了後 67件


・依頼時の依頼内容。(複数依頼あり)

依頼内容 件数
疼痛 130件
疼痛以外の身体症状 30件
精神症状 60件
家族ケア 20件
倫理的問題(鎮静など) 0件
地域連携・退院支援 2件
その他 0件


診療スタッフ

精神症状担当医師 小林 薫(専従)
身体症状担当医師 相川 雅美(専任)
緩和ケア認定看護師 根津 弘美(専従)
薬剤師 幡野 恵子(専任)


リンク(※別サイトへリンク)

お問い合わせ先

市立甲府病院 総合相談センター 医療福祉係
電話:055-244-1111(代表) 内線1182
◆相談受付時間:午前8時30分~午後5時15分
※ただし、土・日曜日、祝日、年末年始:12月29日から翌年1月3日までを除く。

▲ページのトップへ