トップ > 最新情報 > 防災訓練

防災訓練を実施しました。

 11月20日(月)に、東海地震により病院が被災したことを想定した防災訓練を実施しました。

 当院では、災害発生時の初期活動を行う自衛消防隊を職員で組織しており、毎年この時期に訓練を行っております。

 今回の訓練では、甲府南消防署の指導のもと、自衛消防隊連絡通報班、消火班、警備搬出班等が各自の任務を行い、災害発生時にも平常心を保ち、的確な行動が行えるよう、再度一連の流れを確認しあいました。

 また、逃げ遅れた負傷者を助け出す救出訓練もあわせて行い、甲府南消防署のはしご車により、6階東病棟ベランダにいる負傷者を無事に救出、そのまま当院職員がストレッチャーで搬送する連携もスムーズに行うことができました。

 当院は地域災害拠点病院として、地震等の災害時において、入院患者等の安全を守るとともに、院外の被災者の救護をする役割が求められております。院外の被災者を救護する訓練として、毎年トリアージ訓練も実施しており、今後起こりうる災害に対して、万全の体制を構築するとともに、災害時での「想定外」を毎年の訓練を通して、「想定内」としていくよう、今後も実効性のある訓練を行ってまいります。
 

甲府南消防署のはしご車

救出時

消火栓を用いた消火訓練

消火器を用いた消火訓練

職員だけでなく、子どもも訓練を見守ってくれました。

お問い合わせ先

市立甲府病院事務局総務課調達施設係
電話:055-244-1111(代表) 内線1103 1200

▲ページのトップへ