部門

トップ > 部門 > 看護部 > 先輩看護師からのメッセージ

先輩看護師からのメッセージ

看護師からのメッセージ


 私は入職し小児科での経験を経た後、現在NICUで働いています。
 入職前に市立甲府病院の病院見学に参加し、スタッフ同士の関係が穏やかで、人との関わりが丁寧だと第一印象を受けました。
 これは私が就職を決めた第一の理由であり、現在もその印象は変わらず、とても働きやすい職場だと日々感じています。
 病棟により対象は様々であり業務内容も異なりますが、私の看護の志は入職時と変わらず、それを目指し続けることができる病院です。院内の教育体制や先輩方のフォローも充実しており、日々の成長を心強く支えてくれます。
 皆さんと、チームの一員として現場で一緒に活躍できる日を楽しみにしています。


NICU 岩波 ひかる
(帝京山梨看護専門学校卒)


 私は病棟で助産師として働いています。
 市立甲府病院は正常分娩が主体のため、分娩介助技術を高めていくことができると感じ、就職しました。助産師は生命誕生に直接関わる、責任のある仕事で日々やりがいを感じて働いています。
 教育体制も充実し、プリセプターを始めとする先輩方が丁寧に指導して下さり、精神面もケアして下さるので、安心して働くことができます。また病棟内のチームワークや雰囲気が良く、困った時には相談に乗ってくれる優しく頼りになる先輩方が沢山います。
 お互いに支え合って成長できるこの病院で是非一緒に働きましょう。
 


3西病棟 菊地 さゆ莉
(山梨県立大学看護学部・助産専攻卒)


 私が市立甲府病院に就職しようとしたきっかけはインターンシップへの参加でした。当院では充実した新人制度や実際に病棟に行きスタッフ同士の人間関係の良さにも惹かれ、この病院なら自分が楽しく仕事ができると思い当院に就職することを決めました。
 私が勤務している地域包括ケア病棟は、チームワークが良く、些細な事も相談しやすく明るく笑顔の絶えないアットホームな病棟です。そのため、私自身も毎日充実して楽しく仕事ができます。
 皆さんと一緒にやりがいを持って楽しく働けることを心待ちにしています。

5東病棟 平塚 佳菜
(共立高等看護学院卒)


 働き始めるにあたり業務を覚えきれるだろうか、人間関係はどうかなど様々な不安がありました。
 市立甲府病院では新人看護師は研修を受け実際の業務に必要な知識・技術を学ぶことができます。また、プリセプター制度というものがあり、年の近い看護師が1人1人につくため、わからないこと、悩みなどを相談しやすかったです。
 私の所属している病棟も明るい雰囲気で、PNSという看護師2人で患者さんを受け持たせていただけるため、すぐ相談できる先輩看護師がいるということは心強かったです。
 皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしています。

4東病棟 村上 涼乃
(富士吉田市立看護専門学校卒)


 私は病院説明会・インターンシップに参加し、新人教育と病棟の和やかな雰囲気に魅力を感じ就職しました。
 病棟ではプリセプターの先輩が個人のペースに合わせ指導してくれるため、気持ちにゆとりを持ち一年間を過ごせます。
 現在PNSという看護方式で看護展開していくことで、わからないことや不安なこと、患者さんの療養をより良くするために先輩看護師とコミュニケーションをとりながら働くことができるのも魅力の一つです。また、仕事だけではなくプライベートも充実させることができています。
 ぜひ、皆さんと働けることを楽しみにしています。


6西病棟 岩間  隆明
(甲府看護専門学校卒)
 

専門・認定看護師からのメッセージ

 皆さんこんにちは、市立甲府病院看護部の嶋田です。
 私は、日本看護協会が認定する専門看護師認定審査に合格し、がん看護専門看護師として、がん相談を担当しております。がん看護分野において根拠に基づいたケアや看護実践を支える主要な概念・理論・方法を学修するため、山梨県立大学大学院看護学研究科に入学しました。
 病院・看護部から勤務しながら学修できるように3年間の学修環境(勤務時間調整・所属部署)を保障して頂き、また挫けそうになった時には管理職やスタッフの皆様からの励ましや精神的サポートにより仕事と学修を両立することができました。
 大切にしていることはがん患者さん・ご家族の生活や人生を共に考える存在として様々な悩みを一緒に考え、その人らしく過ごせるようにサポートしていきたいと思っております。


がん看護専門看護師
看護支援係 嶋田やよい
(山梨県立大学 大学院 看護学研究科 がん看護学卒)
(帝京山梨看護専門学校卒)


 感染管理認定看護師です。感染管理室に配属されています。
 感染対策に関する専門的な知識・技術を用いて、病院の感染対策に関する状況を評価し、感染管理システムを組織的かつ戦略的に構築するための計画立案とその実施により、患者・職員、来院者を院内感染から守ることを役割としています。院内では他職種と協働して感染防止のためにチーム活動をしています。
 認定看護師になるまでの間、当院から様々な支援を受けました。特に、認定看護師養成課程を受験するにあたっては、病院の感染対策チームに所属する医師や看護師長、臨床検査技師、薬剤師に協力していただき、院内で感染対策の研修やサーベイランスなどの活動が行えるよう支援していただきました。
 このように当院は、看護師が目指すキャリアを実現できるよう全職種が協力して支援する病院です。専門性を磨いていきたいと考える皆さんを応援していきたいと思います。
 看護をがんばりたいと考える皆さんと一緒に働けることを楽しみしています。


感染管理認定看護師
感染管理室 九川卓也


 当院は地域がん診療拠点病院として定められており、がん医療チームによる医療の強化が目標にあげられています。
 緩和ケアとは「生命を脅かす疾患に伴う問題に直面する患者さんとご家族に対し、痛みや身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期からアセスメントし解決することにより、苦痛の予防と軽減を図り、生活の質(QOL)の向上をさせるためのアプローチである」とされています。平成25年4月から緩和ケアチーム専従看護師として配属させて頂き、院内の緩和ケアの必要な患者さんに対し症状コントロールや、日常生活を送る上でのサポートを、患者さん、ご家族の皆様を中心に各セクションのスタッフの方々と一緒にサポートさせて頂いております。
 患者さん、ご家族様、そして一緒に働く仲間のつらさに目を向けられるよう、ひとりの人間としての成長を目指しながら、毎日充実した日々を過ごさせて頂いています。
 新人看護師の皆さん、当院で一緒に緩和ケアを広げていきませんか。 


緩和ケア認定看護師
5階東病棟 根津弘美



 私は新卒から配属された外科病棟で看護師としての経験を重ねる中で多くの患者さん、ご家族に出会いました。その中で様々な辛さに直面してきました。そんな中「最期までその人らしく支え続けたい」と思い描くようになりました。
 緩和ケアを知ったのはその頃でした。知識・技術を深めたいと思い、緩和ケア認定看護師研修学校への進学を決意しました。上司に相談したところ認定看護師取得の後押しがあり、協力を得て学校へ入学しました。在学中も看護部の支えがあり、7ヶ月間の研修期間を経て2012年に認定審査に合格し、緩和ケア認定看護師を取得する事ができました。
 緩和ケアとは命を脅かす病気と診断された時から治療と向き合い、そして人生の最期を迎えるまでの長い経過の中で生じる患者様とご家族の体と心の辛さを和らげ、その人らしく生きる事を支える医療です。
 患者さんとの関わりの中で看護師は成長していく事ができます。皆さんとの出会いを大切にがん医療に関わる他職種と協働しながら緩和ケアの実践に努めていきたいと思います。


緩和ケア認定看護師
緩和ケア室 丹澤千晶
(帝京山梨看護専門学校卒)


 私は看護部の勧めもあり、市立甲府病院のフタッフとして半年以上の長い間、専門分野の勉強をさせていただきました。
 当時は認定看護師についてよく理解していなかったので、研修学校は想像以上に大変な所でした。しかし、看護部や病棟スタッフの協力や支えがあり、無事に小児救急看護認定看護師の資格を取得することができました。当院は卒後教育にも力を入れており、分野の違う認定看護師が続々と誕生しています。その仲間たちとともに看護の質の向上のため日々努力しているところです。
 認定看護師となった今でも考え悩むことはたくさんあります。でもそれ以上に看護には楽しさがあります。全国にいる認定の仲間たち、そして医師や看護師など多くのスタッフとともに子どもたちが健やかに成長発達できるように、子どもとその家族へ支援したいと思っています。
 看護の力は素晴らしい。しかし看護師一人で発揮できるものではないのです。これから看護師となる皆さんとチームの一員として、現場で一緒に活躍できたらと思っています。


小児救急認定看護師
3階西病棟 小泉恵理子