部門

トップ > 部門 > 看護部 > 一年目の新人研修の歩み

一年目の新人研修の歩み

4月

「オリエンテーション」:
入職後、病院全体のオリエンテーションを行います
「オリエンテーション」:
各病棟の実地指導者から病棟の特色等を説明します
「リアリティーショック予防」:
文珠先生のもと職場に配属され毎日緊張の連続、職種をこえ新人同士語り合います
「リアリティーショック予防」:
研修風景その2
「看護技術与薬・採血・注射」:
看護技術の練習を研修医や臨床検査技師の新人さんと共に、実地指導者が手取り足取り指導します
「看護技術与薬・採血・注射」:
実際にお互いの採血をします「緊張!!」
「看護技術与薬・採血・注射」:
臨床工学技士の指導のもと、輸液ポンプなども実際に操作してみます

 

5月

「重症度、医療・看護必要度」:
患者の状態に応じて病院が医療や看護サービスをどのくらい提供されているかを評価する指標です。毎日の看護記録に入力していきます
「医療安全」:
KYT(危険予知トレーニング)で患者の安全を最優先に考えます
「医療安全」:
グループディスカッションを行い、グループごとに発表します
「酸素療法」:
慢性呼吸器疾患認定看護師金子さんに呼吸生理について学びます
「酸素療法」:
患者役になって人工呼吸器も実際に体験してみます
「急変時の看護」:
一時救命処置 BLSを学びます
「急変時の看護」:
チーム蘇生を意識して二次救命処置を行います
「地域包括ケアシステム」:
退院支援・調整を実践的に学びます
「地域包括ケアシステム」:
事例をもとに実際に、どのような情報が退院調整に必要なのかを考えてみました

 

6月

「フォローアップ」:
入職後3ヶ月を振り返り、出来るようになった事や悩み、看護の喜びなどをみんなで共有します
「フォローアップ」:
少しずつ成長している自分を確認します

 

7月

「多重課題」:
4症例を、医療安全を優先しながら自分で対応を考え実践します
「多重課題」:
患者役は実地指導者です。緊張しています
「多重課題」:
実地指導者と自分の看護を振り返ります。この研修の後に中日勤や夜勤が、入ってきます

 

9月

「リフレッシュ」:
仲間との交流を通し心身のリフレッシュを図ります。講師の原先生の指導のもとに苔玉づくりをしました
「リフレッシュ」:ブレイクタイム
「リフレッシュ」:
最後に看護部長、教育委員と一緒に記念写真です

 

10月

「ローテーション」:
配属された部署では学べないことを、他部署で2週間研修します。研修先でも実地指導者が、しっかり指導してくれます
「ローテーション」:
他病棟の先輩も親切で優しいです
「ローテーション・手術室」にも1日研修にいきます。ドラマみたい!私失敗しないので

 

3月

「1年の振り返り」:
1年を通して自分の看護を振り返り自身の課題を見つけ、2年目につなげます
「1年の振り返り」:
実地指導者からメッセージカードとともに、1年間頑張ったことを誉めてもらいました。そして1年間の成長をスライドショーで振り返りました「感動!」
「1年の振り返り」:
最後に1年間お疲れさま、いよいよ2年目へ羽ばたきます