診療科

トップ > 診療科 > 放射線診断科

放射線診断科


 

診療スタッフ

塚本 達明(つかもと たつあき) 科長 (社)日本医学放射線学会 放射線診断専門医
城野 悠志(じょうのひさし) 医師  

 

放射線診断科の紹介

放射線診断科は院内で撮影されたCT、MRI、核医学検査(RI)の読影を迅速に行うことで、院内各科の診療を円滑に進め、患者様と間接的に関わっております。

開業医の先生方にも手軽に利用して頂ける体制をとっており、できるだけ御希望の依頼日に検査を施行し、報告書とともに画像(CD-RやDVD-R)をお渡ししております。

 

最近、低侵襲的な治療として注目されている画像下治療(IVR)も放射線診断科の業務のひとつであり、読影業務と並行して、血管を介した治療も行っています。具体的には、肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法(TACE)、出血に対する止血目的(喀血、消化管出血、腫瘍破裂など)の緊急血管造影などを施行しています。また腫瘍や膿瘍に対するCTガイド下生検/ドレナージのようなCTを利用した低侵襲検査についても依頼科からの要望があれば施行しています。

*開業の先生方で当院のCT、MRI、核医学検査装置利用を希望される場合には、当院地域医療支援室地域医療連携係(内線2211)までご連絡ください。